ボルダリングシューズ・チョークをはじめて買うなら?(Vol.5)

ボルダリングシューズ・チョークをはじめて買うなら?(Vol.5)

ボルダリング初挑戦の
お客様へのアドバイス
シリーズ第4回
ボルダリングの次の日の筋肉痛が…初心者さんにありがちなこと

から引き続き、今回は

はじめてボルダリングシューズ・チョークを買うなら?

をお送りします!

SONY DSC

沼田:
ボルダリングシューズは
どれぐらいのタイミングで
買うのが 良いと思いますか?

戸田:
ハマると思ったら買ったらいい、
といつもアドバイスしています。
もしこのスポーツが
面白いと思っていて、
上手くなるように続けていきたいと
思うなら、買った 方が良い。
というか、お客様から
「買った方がいいですかね?」と
質問をされた時点で、
買った方が良いと思います。
悩んでる時点で買った方がいい(笑)

沼田:
誰かに相談したいという時は、
買った方が良い時期
だと言うことですか?

戸田:
そうですね。相談してる時点で、
続けたいと言う気持ちが出ている
ということだ と思います。
靴買った方がいいですねって
相談するお客様のほとんどは、
結果的に上達目指しますから。

沼田:
ロックガーデン神戸に来られると、
上手い人は必ずマイシューズを
履いていますよね。
自分がどのタイミングで
ボルダリングシューズを
デビューするのかを悩むと
いうのも、初心者にありがちな
ポイントなのではないかな?
と思うんですが…?

戸田:
スタッフが後押しをして、
マイシューズデビューを
すすめてあげたほうが
きっかけになるかもしれない
とも思います。
シューズを買えば、続けて
来ていただけるでしょうし、
続けて来ていただければ
ハマって楽しくなる。

沼田:
ロックガーデン神戸では
ボルダリングシューズの
選び方と言うパンフレット
を配っています。
初心者の方が、どこで
どんなシューズを選んできたら
いいのかというのが、
また次のテーマとしてあると思います。
どのように思いますか?

戸田:
僕は「安い靴が良い」と
アドバイスをしています。
安い靴=エントリーモデルと
言うこともあるからなんですが…

沼田:
確かに安いモデルは、
エントリーモデルである
ことが多いですね。
上位モデルにあるような
ダウントゥーといった
特徴のある靴が少ないと
言えるのかもしれませんね。
値段から選べは、大きな
間違いがないと言うことですね。

戸田: そうですね。

沼田:
値段で選んでから、
色やブランドで選んでも、
それほど大きくぶれることが
ない ということですね。

戸田:
後は、店員さんのオススメを
聞いてみる。ただ店員さんも、
エントリーモデルを
推奨すると思います。
そのせいか、三宮の
グラビティリサーチさんで
買ってこられた人の多くは、
同じモデルを履いています。
スタッフがお勧めしたのだと思います。

沼田:
ボルダリングシューズの、
サイズ感を選ぶのも難しい問題ですね。
登れる人の真似をして、
上位クラスのシューズを
選んだとしても、なかなか
初心者さんが履きこなせる
ものでは無いのと思います。
エントリーズモデルから
始めて、履きつぶして
初めて上位モデルを買うのが
結果として長く続く人が
多い選び方などだと思います。
やはり初めての方は、
エントリタイプのシューズを
履きやすいサイズで履くのが
いいのかもしれないですね。

戸田:
初めから、例えばスポルティーバの
ミウラを買ってみたとしても、
使いこなすのがなかなか
難しいと思います。
使いこなすようになる頃には、
初めて買ったそミウラはボロボロに
なって再度買い直すことになるのは
間違いないと思います。
そう考えると、一足目は
ボロボロになるので
エントリーモデルが
良いのではないでしょうか。

ロックガーデン神戸で
おすすめしている靴では、
イボルブのデファイが
エントリーモデルに当たります。
しかし、見た目に大好きな
シューズがあって、それで
ボルダリングを続ける
モチベーションになるのであれば。
結局、続けられれば
それがベストなんだ と思っています。

沼田:
では、シューズを買うことなく
レンタルシューズを続けていく
ことについてはどう思いますか?

戸田:
やはり買ったほうがいいと。
5級位から、足が確定してきています。
小さなフットに立ち上がる
ようになるためには、
マイシューズの方が良いです。

沼田:
6級や5級位から、
マイシューズのメリットが出ますね。
レンタルシューズと
マイシューズはそもそも
作り方が違います。
レンタルシューズは、
耐久性を上げるため、
グリップ力を落としてでも、
減りにくいような構造ソールが
採用されています。
マイシューズを買ったとたんに、
多くの人が「フットが止まる」と
言いますよね。

戸田:
それ以外にも、
レンタルシューズはソールが
分厚いと言うこともありますね。

沼田:
足裏の感覚が弱くなることも、
ボルダリングが上達する上では
レンタルシ ューズが
不利な点だと言えますね。

5級を、1つでも挑戦する段階には
マイシューズを買っていただいた方が
良いなと言う事ですね。
また、そのぐらいの段階で
マイシューズを買われる方が
多いのもまた事実だと思いますね。

戸田:
7級を全てクリアして。
6級いくつか登り始めた段階が、
シューズを買おうか
悩み始めている段階だと思います。

沼田:
シューズ以外にチョークを
買うべきですか?
ボルダリングジムに通う時に
マイチ ョークが必要だと思いますか?

戸田:
ロックガーデン神戸に来るだけであれば、
チョークが用意されているので
購入す る必要はないと思います。

沼田:
後は、来場回数が2回目ぐらいの
お客様によく言われることとして
「指の第二関節より
下側の指の皮が痛い」
とよく言われます。

そんな時に、私が
アドバイスしていたことは
「7級を超えるまでは、
指がが ばっと入る【ガバホールド】
と言うものを使うことが多いので、
その辺りが痛くなります。
7級を超えてくると
指先の方が痛くなるので、
今痛くなっている周辺は
痛 くなくなると思います」と
アドバイスしていました。

戸田:
それで間違いないと思います。
指を引っ掛けて登るという形に
変わってくる感じです。
そのあたりから
チョークもこだわる人が
出てきますね。

~自分のレベルはどれくらい?~(Vol.1)
ボルダリング初心者のつまづきポイントとは?(Vol.2) 
ボルダリングにいちばん大切なことは筋肉量じゃない!(Vol.3)
初心者さんにありがちなこと(Vol.4)
ボルダリングシューズ・チョークをはじめて買うなら?(Vol.5)  ←今はここ

ボルダリング情報カテゴリの最新記事