ボルダリング初心者のつまづきポイントとは?(Vol.2)

ボルダリング初心者のつまづきポイントとは?(Vol.2)

ボルダリング初挑戦の
お客様へのアドバイス
シリーズ第1回
~自分のレベルはどれくらい?~

から引き続き、今回は

「ボルダリング初心者の
つまづきポイントとは?」

をお送りします♪

沼田:
やはり、男女で違いがありますね。
今回、まずは男性に絞って
進めましょう。

さて10人中9人は、
2回目でも7級全てを
コンプリートするのは
難しいということでしたよね。

そこでスタッフから、
アドバイスしている
ポイントは何かありますか?
私が、接客していた頃は
「7級すべてをコンプリート
できなくても、6級を
やり始 めてみては
いかがですか?」と
アドバイスしていました。

戸田:
そうですね、完全に
クリアすることを目標に
するのではなくて、
いろんな課題や、
次のレベルに挑戦するように
アドバイスしています。

また、できない課題に
ついての登り方の
アドバイスも行っています。

具体的には、
その人に合った正解の
足の置き場所を紹介しています。

ボルダリング上達には、
「重心の場所を移動させる」
といったコツを習得が必要ですが、
はじめのうちは、
登っている最中に自覚する
ことが難しいからです。

沼田:
確かに、自分も思うのですが、
7級レベルの方の多くは、
むちゃくち ゃ足を
ないがしろにしている、
重視していないと感じますよね。
全く間違ったところに、
足を置いたまま
「届かない」と言っている
ような印象を受けます。

戸田:
そうですね。だから、
その人の体格にあった
正解の足の置き場所を
教えてあげる形で
アドバイスしています。

沼田:
他にも見ていて思うのは、
何度も同じ課題を、
同じようにミスしている人が
多いっ て感じています。
自分のミスは自分では
分からないものですね。
ちょっとしたアドバイスがあれば、
クリアできる課題が一つ増えて
「次回もまた来てみよう」と
思ってもらえるのだと
感じています。

戸田:
そうですね!

沼田:
何度も挑戦しているけれど、
全く同じミスを繰り返し
行っているから、前回と
同じように落ちてしまう。
それはやる気を失って
しまいますよね。

戸田:
そうですね、足を置く場所を
変更すれば届くかもしれない
と言う「考え」に至って
いなくて、何度も同じことを
やってしまっているのかも
しれないですね。

沼田:
足を置く場所に
気を使わなければいけない
ということが、
なかなか思い浮かばない
と言うことなのでしょうね。

戸田:
そうです。どうしても
テープを貼ってある
「手」のほうに意識を
集中してしまい、
自分の足がどこに
置かれているのか意識
できる人は少ないように思います。

沼田:
5回来店する、または7級を
クリアできる人と、そうでない人の
大きな違いは何でしょうか?
やはり、登り終わった達成感を
本人が強く感じているか
どうかの違いなのでしょうか?

戸田:
僕には正直わかりません。
ただ、やっぱり
「ボルダリングの魅力に
ハマった人が続く」ということ
なんじゃないかと思っています。

後は、登れない時にスタッフに
アドバイスを聞いてもらえれば、
スタッフに話しかけやすくなって、
ボルダリングジムに
通いやすくなると言うことも
あるのかもしれません。

スタッフに聞かなくても、
他のお客さんに聞いていただいても
同じことが言えると思います。

「あのジムに行けば、
誰かに教えてもらえて
登れるようになった」
という経験ができる。

沼田:
7級でつまずいている人の多くは、
自分が陥っている失敗に
なかなか本人だけでは
気づきにくいということですね。

だから、スタッフや
他のお客様に質問して、
ちょっとしたアドバイスを
聞いてもら えれば、
もっと多くの人がさらっと
7級クリアできる
ということだと思います。

ちょっと勇気を持って
質問をすることで、
スタッフや他のお客さんと
仲良くなってその場所に
来やすくなる。
来店しやすくなることで、
また質問をして
どんどん早く登れるように
なっていくんでしょうね。

戸田:
そうですね。
初めてすぐのお客様と
スタッフや常連のお客様では、
経験が全く違いますから、
経験のないことなので、
素直に質問していただければ
成長は早いんだと思います。

逆に、質問をしない人たちは
ボルダリングジムに来る前から、
「自分はもっと登れる」と言う
イメージを持っている方かもしれません。

テレビなどで見て、
「自分はもっとできる」という
イメージを持って来店して、
やってみたところ思ったよりも
簡単ではなくてうまく登れなかった…
ということで心が折れてしまうのかも。

そういう方の多くは、帰り際に
「もっと筋トレしてからきます」
と言って帰られる 方が多いです。
そしてやっぱり来られない。
ちょっとしたコツ、
ちゃんとお伝え出来なくて
申し訳ないことしちゃったな、
って反省してます。

~自分のレベルはどれくらい?~(Vol.1)
ボルダリング初心者のつまづきポイントとは?(Vol.2) ←今はここ
ボルダリングにいちばん大切なことは筋肉量じゃない!(Vol.3)

ボルダリング情報カテゴリの最新記事