【必読お願いします】アフターコロナの対応について

NO IMAGE

アフターコロナのボルダリング環境について、ロックガーデン神戸の対策をご案内します!

【1】オゾン発生装置設置による、室内除菌開始
【2】お客様への新しいお願い事項
【3】ボルダリング中のマスク着用について

オゾン発生装置設置による、室内除菌開始!

オゾン発生装置

ロックガーデン神戸は、鉄扉を全面開放することで屋外に近い環境を作りやすく、換気もしやすい施設です。
さらに安心してご利用いただくために「オゾンガス」を使った空間除菌を導入しました!
毎日営業終了後、オゾン発生装置を自動運転させます。
ボルダリングのホールドやマットの殺菌・除菌効果を期待しています!

▼オゾンの効果について※参考

(世界初)オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認 (奈良県立医科大学プレスリリース)

世界初オゾンガスで新型コロナウイルスが無害化 1万分の1程度に (5/15 読売テレビ)
奈良県立医科大学は、オゾンガスを使った新型コロナウイルスの無害化を、世界で初めて確認したと発表した。
奈良県立医科大学矢野寿一教授「新型コロナに対しても不活化する能力を確認したのが世界初」
奈良県立医科大学の研究グループは、培養した新型コロナウイルスが入ったアクリルの箱の中で、オゾンガスを発生させる実験を行った。その結果、条件次第では感染力を持つウイルスの数が、1万分の1程度にまで減ったという。
現在、医療機関での消毒作業は手作業が中心となっていて、オゾンガスの活用で作業の負担軽減が期待される。矢野教授は「病棟や診察室での応用を期待している」と話している。研究グループは、実用化を目指し実験を続けるとしている。

ヤクルト「オゾン脱臭機」設置(1/31日刊スポーツ)
『オゾンには安全にウイルスを除菌・分解できる効果がある。オゾン脱臭機は空気清浄器と違いドアやロッカーに付着したものも分解できるため、インフルエンザや結核対策として用いられる。新型コロナウイルスへの効果はまだ明確でないが、担当者は「インフルエンザ対策としての経験上、リスクを下げる効果はおそらくある」という。オゾン脱臭機は、東京管内の救急車約300台に搭載。中国武漢からチャーター機で帰国した体調の悪い人を搬送した救急車でも使用されたという。

お客様への新しいお願い事項

【お客様へのお願い】
・マスクの適切なご利用(会話の際は、ご着用ください)
・入場前の手洗い&アルコール消毒※ジムでご用意しています
・体調に少しでも不安を感じている方のご利用停止
・こまめな水分補給をお願いします
・県外移動制限中の他府県の方のご利用停止
・団体ご利用受付停止(期間未定)

ボルダリング中のマスク着用について


○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

○ マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。

厚生労働省>熱中症関連情報>2020年05月26日掲載
令和2年度の熱中症予防行動について[PDF形式:461KB]

ボルダリングは、「強い負荷のある運動」にあたるとロックガーデンでは考えています。
スタッフとも相談したところ、マスクを着用してのボルダリングは、負荷が強く熱中症の危険があると判断しました。
マスクを着用していると、熱中症の自覚が遅れるとのことです。
クライミング中、休憩中で「会話」をしないタイミングでは、マスクは外してご利用ください。

コロナ感染防止はもちろん、クライマーのみなさまの「健康と安全」全般とのバランスを大切に、運営してまいります!

 

お知らせカテゴリの最新記事