ボルダリングジムで初コンペ!ビギナーが気を付けること4つ

ボルダリングジムで初コンペ!ビギナーが気を付けること4つ

兵庫県神戸市中央区のボルダリングジム
「ロックガーデン神戸」が
不定期でお送りする
ボルダリングお役立ちコンテンツ~♪

今回は~
「ボルダリングジムで開催されるコンペに初めて参加する人」にお送りする
「コンペビギナーが気を付けるべきこと」を
4つご紹介します!!

というのもですね、
つい最近もロックガーデン神戸でジムコンペを開催したわけですが、


「初コンペ!!」っていう方は
きっとドキドキだろうなあって
遠い昔のことを思い出したりしたもので…。

初コンペはホームジムで、という方がやはり多いので、
コンペに参加するときはもともと仲良くなった常連さんや、
スタッフに声をかけられることが多いと思うのですが、
スタッフとしても「当り前のこと」だと思って
コンペを楽しむための基本的なことを
きちんとアナウンスしていなかったりするかもしれません。

以降気を付けます…┗(`・ω・´)┛

ということで、
ビギナーさんがボルダリングコンペを楽しむための基本の4つです!

1.緊張しすぎない

緊張しすぎてしまうと普段の力の半分も出せません。
慣れるまではホームジムの小さめのコンペなどで、
コンペの雰囲気に慣れましょう!
仲の良いメンバーと一緒に参加するのも
緊張が和らぐかもしれませんね!

2.アップをする

「疲れていない方がいいかな?」と考えて体力温存…
はあまりおすすめしません。
「登り始めは指も身体も全然温まっていないので、
いきなり難しい課題を触っても
イメージ通り体が動かないことがあります。
やさしい課題から登って身体を温めながら進めていくか、
コンペが始まる前に登る時間があればしっかりアップしましょう。
もちろんストレッチなどで体を
伸ばしておくことも忘れずに!

3.オブザベーション(観察する事)の大切さ

時間内での完登数を争うので、
どの課題なら自分が出来そうか?
どの課題から攻めていくか?
というのをしっかり考えて、
課題をオブザベーションする事が大事です!

日々のボルダリングでもしっかりオブザベをして、
考える力を身につけましょう。
強傾斜から取り組むか、
緩傾斜(スラブ・垂壁)から取り組むか?
といった戦略なども考えて登るとさらに上達が早くなります!

4.ほかの参加者の登りを見る!

セッションコンペなどの場合、
他のクライマーが登ってるのを見ることができます。
しっかり観察していると核心(難しい箇所)が分かったりします。
自分がトライする課題を登ってる人がいれば、
しっかり見て参考にしちゃいましょう。
(ただし、もの凄く強いクライマーの登り方は
参考にならない場合もあるので注意しましょう笑)

「いやいや、こういうことも気を付けるべきでしょ」なんて
追加のご提案がありましたらぜひぜひコメントお寄せください!

ボルダリング情報カテゴリの最新記事