• 神戸初のボルダリング専門ジム

ボルダリング(クライミング)では、使用するホールドの形状に適した掴み方(ホールディング)がある程度決まっています。

様々なホールドに対応したホールディングをマスターする事が、ボルダリング上達の第一歩と言えるでしょう。


1.ガバ

上を向いていて第二関節以上が入るホールド。


2.カチ

第一関節よりも薄いホールドの事。


3.ポケット

穴状のホールドの事。


4.パーミング

スローパーと呼ばれるホールドのとり方。


5.ピンチ

親指と他の指でホールドを挟むようなとり方。


6.アンダー

下向きのホールド、或いはそのとり方の事。


7.ガストン

ひじを上げて腕を外に開いて親指が下向きになるようなホールドのとり方。


ホールディング時のコツ

ホールドをとったら腕は出来るだけ伸ばしたままを保ちましょう。


このページのトップに戻る